旅行記

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編7)-ベイグランドスタンド周辺

9年連続で訪れているF1シンガポールグランプリ。だんだん日本人が増えており会場内でも日本語を耳にする機会が増えてきました。
そんなF1シンガポールグランプリを皆さんに楽しんでいただきたく予習ということで書いていくことにします。 多くの方が訪れるシンガポールグランプリで少しでも役立てばということで作成いたしました。
※独自記事が含まれているので参考程度にしていただけたらと思います。今まで訪れた9回の情報を元にして昨年の最新情報を付け加えて作成しておりますのでご了承ください。

今回はZONE3にあるベイグランドスタンド周辺をご紹介します。

ベイグランドスタンドへの道のりは長し

ベイグランドスタンドへは皆さんが良く利用するGATE3やGATE7が最寄りのゲートとなると思います。しかしそこからが少し離れているので時間がかかります。GATE3からだと15分はかかると思いますし、GATE7からでも10分はかかると思うので時間には注意して行動することをお勧めします。
IMG_SINGP0701
途中にはマシンが通過していくところももちろんあるのですが、黒幕がかかっていて立ち止まれないような場所、細くなっていて通るのに少し不便な場所もあります。立ち止まって上から覗きたい気もしますが危ないのでやめましょう。

かなり上段まであるベイグランドスタンド

IMG_SINGP0702
1度も入ったことのないベイグランドを語るのはいかがなものかと感じがしますが、ここはここですごくいい場所だとも思っています。その理由はやはり正面にスクリーンがあるのとマリーナベイサンズがシンガポールも街をきれいに彩ってくれている点だと思います。かなりの上段になるとマシンはかなり小さくなってしまうと思いますが、シンガポールGPならではの雰囲気を味わえるのは実はここなのかもしれません。

またスタンドになっているためここの下はかなりのスペースがあり飲食店やトイレも充実しています。
今まで雨が降るということはかなりないシンガポールですが、スコールの時には雨宿りの場所としてもかなり有効なのかもしれません。まぁ、スタンドにいる人がかなり避難してくるので一概にいいとはいいがたいのですが。



まとめ

入ったこともないベイグランドを説明するのはなんだか違う気もするのですが、景色や雰囲気を味わうのはここがかなり高いことはわかっていただけたかと思います。
金額もZONE4のスタンドよりかもかなり安く設定されているので1度シンガポールグランプリを見に行きたいなという人にはかなりおすすめのエリアになるかと思います。

2017年に体験した入り待ち、出待ちの記事もを4本書かせていただきましたが参考にしていただければと思います。

F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(木曜日編)

F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(金曜日編)

F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(土曜日編)

F1シンガポール"出待ち"グランプリ2017F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(土曜日編)

またこのほかにシンガポールグランプリ観戦ガイドもありますのでそちらもご覧ください。

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編1)-GATE1入口周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編2)-F1ビレッジGATE1周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編3)-GATE2からパドック入口まで

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編4)-GATE3とパダン広場

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編5)-GATE5・6とエスプラネードドライブ周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編6)-GATE7周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編8)-おすすめはシンガポールフライヤー周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編9)-ピットグランドスタンド周辺をご案内

スポンサーリンク

-旅行記
-, , ,

© 2020 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5