旅行記

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編4)-GATE3とパダン広場

9年連続で訪れているF1シンガポールグランプリ。だんだん日本人が増えており会場内でも日本語を耳にする機会が増えてきました。
そんなF1シンガポールグランプリを皆さんに楽しんでいただきたく予習ということで書いていくことにします。 多くの方が訪れるシンガポールグランプリで少しでも役立てばということで作成いたしました。
※独自記事が含まれているので参考程度にしていただけたらと思います。今まで訪れた9回の情報を元にして昨年の最新情報を付け加えて作成しておりますのでご了承ください。

今回はZONE4入口でもあるGATE3からパダン広場や周辺のF1ヴィレッジまでをご紹介します。

GATE3はMRTシティーホール駅目の前の最大の出入口

シンガポールグランプリ最大の出入口はこのGATE3だと思われます。なぜかというとMRTの中心駅シティーホール駅に最も近く、ZONE4はもちろんのこと米グランドスタンドへ向かうのにもここを利用する人が多いからです。
:IMG_SINGP0401
かなり大きく手荷物検査列も10以上あるマンモスゲートになります。
GATEを抜けるとGATE2と同じでサバイバルキットとプログラムが販売されています。ショップはこの周辺にはありません。
すぐ隣がサーキットとなるのでサーキットを地下道でくぐってパダン広場やベイグランドスタンドへ向かうことになります。

パダン広場はコンサート会場

地下道を通り右に進むとパダン広場が見えてきます。
:IMG_SINGP0402
ここは一面芝生が張られている広場になり、コースわきにはパダンスタンドがある大規模な広場となっています。
:IMG_SINGP0403
巨大ステージもあるのでここではセッションの間やレース終了後にはコンサート会場へと早変わりします。巨大スクリーンもあるのでここでレースの状況を見るのもいいかもしれません。
ステージ位置は開催する年によって向きが変わるので注意が必要です。
写真は2015年でこの時はスタンドと垂直でしたが2016年はスタンドと平行になっていました。

飲食店も充実していますしショップもあります

パダン広場周辺はF1ビレッジにもなっているので飲食店はもちろんのことF1グッズのショップも多数あります。またこの周辺にはトイレが無数ありあまり並ばずに利用できるかもしれません。ただし簡易トイレな点は注意が必要です。
IMG_SINGP0404
GATE1周辺と同じくらいの規模で飲食店がありました。
そのほかではメインスポンサーのシンガポール航空がブースを出していてイベントを開催していました。
IMG_SINGP0405
ウォークアバウトチケット所持者などはここで十分過ごせるような感じがしました。F1サウンドを聞きながらビールを飲むなんてすごくいいですよね。
IMG_SINGP0406


まとめ

シンガポールグランプリのサポートイベントのコンサートでは毎年かなりの大物がここでコンサートをやるのでこの広場は一度は見ておいた方がいいかもしれません。ただどのチケット所持者でもここに集まることができるので人はかなり多いです。しかし大勢で別でつのチケットを持っていた場合などここで集合にしたらすごく便利なところになります。イベントを楽しむにはもってこいの場所です。

2017年に体験した入り待ち、出待ちの記事もを4本書かせていただきましたが参考にしていただければと思います。

F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(木曜日編)

F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(金曜日編)

F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(土曜日編)

F1シンガポール"出待ち"グランプリ2017F1シンガポール入り待ちグランプリ2017(土曜日編)

またこのほかにシンガポールグランプリ観戦ガイドもありますのでそちらもご覧ください。

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編1)-GATE1入口周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編2)-F1ビレッジGATE1周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編3)-GATE2からパドック入口まで

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編5)-GATE5・6とエスプラネードドライブ周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編6)-GATE7周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編7)-ベイグランドスタンド周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編8)-おすすめはシンガポールフライヤー周辺

今年で10回目、F1シンガポールグランプリ(予習編9)-ピットグランドスタンド周辺をご案内

スポンサーリンク

-旅行記
-, , ,

© 2020 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5