旅行記

本格的な夏を前に南の島を楽しむ1回目

今回は旅行記2021年7月に2回訪れた沖縄那覇と宮古島の1回目の旅行記をご紹介します。

東京九州フェリーを利用して飛行機で福岡県から戻ってきた翌日にはもう宮古島へ行く旅程を組むというハードスケジュール。それでもJALダイナミックパッケージのセールをやっていたのでお値段を抑えることができました。

宿泊は那覇市内に新規オープンした「東急ステイ那覇」を利用しました。ちょっと気になっていたのですよね。どんな感じのホテルなのか。あとは国際通り方向まではいかないので少しでも近いところと思っていたので。

そして翌日にはプロペラ機で宮古島へ。やっぱり宮古島はいいですね。そのあとも2回目につながっていくわけですが。

この日はポケモンジェットもやってくるし、海はきれいだしと癒されました。

今回は午後の便で那覇市内に泊まります

福岡県から帰ってきたばかりなので少しだけ家でゆっくりして午後の便で那覇へ向かいます。というのも午前便よりも断然午後便の方がお得に那覇まで向かうことができるからです。那覇まで約3時間なので午前に出たとしてもお昼過ぎに到着してしまうから、早めの便は高くなってしまうのです。その点、急ぎの用がなければ午後便で節約するのもありだと思います。

那覇ではいつものステーキ屋さんを訪れてステーキを食べました。


今回は午後便を利用して那覇まで向かいます。A350-900でもかなり余裕があるくらいの搭乗者しかいませんでした。クラスJよりも普通席で3席とる方が快適なくらいです。


約2時間程度で沖縄本島に差し掛かります。この辺りはちょっと雲が多いかもしれませんね。


そして那覇空港に到着。雲が多くなって残念な天気。

そしてここで隣に止まっていた東京行がなかなか出発しないなと思ったら、機体整備が入っていました。そして欠航。日曜日の夕方なのに大変だなと。


S’s Lifeさんの動画になります。


泊まったのは「東急ステイ那覇」になります。ここ2年でできたホテルなのでかなりきれいですし、下の階にはドン・キホーテが入っているのでお土産屋や飲食などの心配をしなくてもいいホテルになります。

あわせて読みたい
【宿泊記】東急ステイ沖縄那覇-洗濯機ありの長期滞在にもおすすめホテル

今回は翌日移動もあるしレンタカー利用ではないため駅近くの新しいホテルに泊まりたいなということで「東急ステイ沖縄那覇」がすごく便利そうに見えたので泊まりました。 実際駅からもさほど遠くもなく平坦な道のり ...

続きを見る


そしてステーキはいつもの「Days」さんへ。やっぱりおいしいステーキを提供してくれます!!

あわせて読みたい
沖縄グルメを味わってきました その7-STEAK HOUSE DAY'S

「HAPPY STEAK」へ行ってから2週間後まだまだ続いているJGCプレミア修行で時間を作って小禄駅から徒歩7分の「STEAK HOUSE DAY’S」へ行ってみることにしました。こちらも那覇空港か ...

続きを見る

宮古島へ向かう飛行機はプロペラ機が最高

宮古島へ向かう飛行機ですが、午前8時台に1便だけプロペラ機が設定されています。これは宮古島を経由して慶良間諸島や石垣島へ向かう便の送り込みとなっているようでジェット機よりも高度が低く空からの眺めがよいのでこちらの便を選びました。クラスJの設定がないので普通席になるのですが、窓側さえ取れれば最高です。

宮古島へ着いてからはレンタカーで下地島のランウェイ17へ向かいます。こちらでは南風ということもあり着陸する飛行機が来るということと、その中には那覇から「ピカチュウジェット」がやってくるのでそれを撮れればいいかなと思い出かけてみました。


RACのQ400で宮古島まで向かいます!時間通りにバス乗り場へ行ったところ最後でした。みんな早い!!


プロペラ機なので高度もそこまで高くなく海が見やすい位置を飛んでくれます。そして時間もさほど変わらずに宮古空港へ到着しました。


そのプロペラ機は短いターンアラウンドで次の目的地慶良間空港へ飛び立っていきました。こちらは滑走路の延長線上にある小さな漁港からです。


17エンド付近にやってきました。ビーチもあるようなところで各々楽しんでいる感じがします。すごくきれいなビーチです。


ジェットスターがやってきました。風もほとんどなかったので安定しています。


ピカチュウジェットがやってきました!!青い海に黄色い機体がすごく映えます!!


ピカチュウジェットを撮った後には下地島空港へ移動しました。すごく南国の空港な感じがします。タイのサムイ空港に近い感じもしました。


空港内も非常にシンプルで平屋なので基本的には横移動のみで済みます。そして売店などもあり下地島空港オリジナルグッズも用意されており独特な雰囲気がします。

宮古本島へ戻ってきたら昼食とビーチへ!!そしてマンゴー畑

下地島での撮影を楽しんだ後は昼食をとりに宮古へ戻ってきました。伊良部でとも思ったのですが、混んでいたりしたので少し時間をずらしつつ「古謝そば」さんへやってきました。それでも人気店だからなのか混雑していましたが15分ほど待って宮古そばをいただきました。

その後は空港周辺で撮影をし、マンゴー畑見学のための待ち合わせ場所近くの砂山ビーチへ行き撮影をしてからマンゴー畑へ。

マンゴー畑は収穫が間もなく終わろう呈している時で少なかったのですが、マンゴーがどのようにでき、収穫するのかを説明していただきました。

そして東京へ戻る際には那覇空港の乗り継ぎ時に88ステーキ空港店で夕食をいただいて帰ってきました。

 


今回は宮古島市内にある「古謝そば」さんへ訪れてみました。有名店とは知らずに訪れてみると駐車場が一杯。それでも少し待つと何とか空いて店内へ。


今回いただいたのは宮古そばとジューシーのセットです。これで850円はかなりお得だと思います。日替わりのおかずやモズクに飲み物もついてくるお得なセットです。


空港南西の畑があるようなところから。一応撮影スポットになっているようで、飛行機に乗っている時から何人かいるのは見えていました。


こちらは北東側にあるサトウキビ畑から。草むらから撮影していますという感じが出ると思います。


ということで砂山ビーチへやってきました。少し登りがあったり下りがあったりと歩きにくかったのですがビーチにやってくるとすごくきれいな景気が見ることができます!!


砂山ビーチといえばこのような波の浸食でできたアーチ状の岩ですよね。この暗い感じと海の明るいのがすごくきれいに見えます。


そしてマンゴー畑へ。マンゴーがなっている姿を見る機会ってなかったのですが、このように袋に包まれていて、熟すと実が自ら落ちるということも知りました。


そして収穫するとこのような感じでいい色です。そして出荷されます。

ふるさと納税もやっているようなのでぜひ!!
ANAのふるさと納税 | 沖縄県 宮古島市の【2022年発送】宮古島産「完熟マンゴー」宮古島すがわら農園<訳あり>1kg


いつまでも痛かったのですが、もう帰る時間に。


そして、那覇空港では乗り継ぎ時間もあったので88ステーキでハンバーグを食べて羽田へ帰りました。



まとめ

何回も訪れている宮古島ですが、コロナ禍になってからは初めてだったのでだいぶ変わっているところもありましたし日常という点ではあまり変わっていないところもありました。17エンドへ歩いていくしかなかったり、砂山ビーチの風景に癒されたりと新たな発見もある1日だったともいます。

スポンサーリンク

-旅行記
-, , , , , ,

© 2022 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5