旅行記

初ラオス、魅力的な街ルアンパバーンへ(その3)

ここ数年タイだとバンコク、マレーシアだとクアラルンプールが多かったのでそろそろ訪れていない国に行ってみようということでラオスやベトナムが候補に。年に1回一緒に旅をしている先輩がラオスに行きたいということでラオスのルアンパバーンに行先を決めました。

今回は早朝の托鉢とルアンパバーン近郊にある滝「クアンシー滝」と「セー滝」を2カ所ご紹介します。

托鉢は6時前からスタート!たくさんの僧侶が練り歩きます

なんといってもルアンパバーンでは名物の托鉢を見学しないと始まりません。といっても托鉢があるのは早朝なのでほかにも観光するのですが、外せないということではやはり托鉢が一番だと思います。始まる時間はだいたい夜が明ける時間くらい。11月初旬で5:30ごろから始まりました。全体が終わるまで大体1時間30分くらい。範囲もそんなに広くないので見学はしやすいと思います。

IMG_LPQ301
この日は5時過ぎに起きて準備をして向かいました。
托鉢の時間は一部道路も車両は通行止め。確かに危ないですから。

IMG_LPQ302
まだまだ暗い中先頭の集団がやってきました。

IMG_LPQ303
結構お年寄りの姿を多く目にしました。毎日朝早くから大変だなーけど習慣になっていれば違うのかもしれませんね。

IMG_LPQ304
かごの中にはご飯(もち米)が用意されています。それを少しずつ渡していきます。

IMG_LPQ305
近くには仏像があるところもありました。夜明けの仏像。

IMG_LPQ306
このように僧侶の持っている入れ物に少しずつ入れていきます。

IMG_LPQ307
すごく若い僧侶も一緒に回っています。

IMG_LPQ308
みんながこのように入れてくれるのです。そして満杯にならない理由は・・・謎ですね。

IMG_LPQ309
このように列になって進んでいきます。そしてそれがずっと続いていくのです。

IMG_LPQ310
お子様も参加。朝起きれないなんて言ってられませんね。

IMG_LPQ311
家族総出毎日おこなっているのかな~

IMG_LPQ312
若いのに、修行なんでしょうね。

IMG_LPQ313
かなりパンパンなようす。すごいな~托鉢。

IMG_LPQ314
全員が通り過ぎるとみんな片付けを始めます。これが毎日行われているようです。

IMG_LPQ315
途中にはお寺も。この通りにはたくさんのお寺があり、そこで生活している僧侶がたくさんおりました。

クアンシー滝を楽しむ

クアンシー滝は市街地から車で40分程度西にあり、車やバイクで行かないとかなり大変なところだと思います。自転車はさすがに厳しいでしょう。入場口より少し上るとクマ牧場があり熊を見ることができます。その先に滝と湖が。泳いでいないので深さはわかりませんが飛び込めるくらいなのでそこそこ深いのかもしれません。暑い日にはもってこいなのかも。

IMG_LPQ316
クアンシー滝の入り口に向かう前にはお土産屋がたくさんあります。水着を忘れたらここで購入してもいいかもしれませんね。

IMG_LPQ317
かなり強めの口調で書かれています。全部書いてもいいのですが、大変なので次回W

IMG_LPQ318
少し上るとクマが飼われています。なぜクマが飼われているのかは特に書いてなかったような。けど暑くて動きが鈍かったですね。

IMG_LPQ319
クマのところから5分ほど歩くと滝が見えてきます。水はすごくきれいです。

IMG_LPQ320
やっぱり自然の滝ってすごいですね。きれいです。この辺は泳げないですけどね。

IMG_LPQ321
スローシャッターで撮ってみたところすごい流れている感じに出来上がりました。

IMG_LPQ322
飛び込んでいる人もいました。カメラセットして自撮りも!!ほとんどが欧州からの人だと思われ泳ぐの好きなんだなーと思いました。

IMG_LPQ323

クアンシー滝からセー滝に向かう途中にはすごくきれいな風景を見ることもできましたし。

IMG_LPQ324
牛が飼われているところもありました。けど南の牛ってほっそりしてるんですよね。

セー滝を楽しむ

クアンシー滝から大体50分くらい走って市街地の東にあるセー滝へ向かいます。
ルアンパバーンではこの2つの滝さえ押さえておけば大丈夫かな~
セー滝へはボートで向かうしかないのでボート乗り場へ。ここから小さい舟に乗って大体10分程度でセー滝に。セー滝は横に広い感じで象と戯れることもできます。

IMG_LPQ325
クアンシー滝から50分程度でセー滝へ行くボート乗り場へ到着しました。ここからボートでセー滝へ向かいます。ボートもこんな感じ。すごく怖いですが、ちゃんと座っていれば転覆なんてことはないと思います。ここから10分かからないくらいでセー滝へ到着します。

IMG_LPQ326
ここでは象に乗ってのアクティビティーを楽しむことができます。ただ乗るだけもあれば水の中で戯れるなど。

IMG_LPQ327
セー滝は縦に長い感じではなく横に広い感じです。少しだけ高低差もありますが、そんなに気になるものではないともいます。

IMG_LPQ328
泳げるようなところも広くありますし、このように段差がいっぱいあるようなところもあります。水量はかなり豊富でした。

IMG_LPQ329
着替えることができるところも用意されているので全然問題ないと思います。女性は少し厳しいかな~

IMG_LPQ330
すごく広いプールをイメージしていただければと思います。
けど、象も入るので足は着かないと思いますけど。

IMG_LPQ331
友人は象と一緒に水遊びしてました。結構乗ってるのがつらいようです。何せ鞍なしなのですべるすべる。

IMG_LPQ332
そして最後に発覚したのがこの象は女の子が大好きで、全然相手にしてくれないことです。すぐに女の子がいるところに行こうとしていました。

IMG_LPQ333
そしてボートでまた戻ることになります。

まとめ

今回はルアンパバーンでの過ごし方を少し紹介できたのではないでしょうか。

朝早くから托鉢見物や滝遊び。そして戻ってきてから昼寝などすれば夜も十分動くことができますし、のんびり読書などもできると思います。

周辺でもしっかり観光できるところだと思います。

スポンサーリンク

-旅行記
-, , , , , , , ,

© 2020 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5