JAL 旅行記

初ラオス、魅力的な街ルアンパバーンへ(その1)

ここ数年タイだとバンコク、マレーシアだとクアラルンプールが多かったのでそろそろ訪れていない国に行ってみようということでラオスやベトナムが候補に。年に1回一緒に旅をしている先輩がラオスに行きたいということでラオスのルアンパバーンに行先を決めました。

日本での情報はタイやシンガポールに比べればかなり情報が少ないラオス。情報が少ないからそこ日本と全く違う感じがするだろうし、日本を忘れさせてくれるようなところだろうなと思い旅立ちます。


今回もJALを利用して出発

今回は合計3人での旅。航空会社のこだわりは特に捨ててと思いきや一番安かったのがJALだったのでJALを利用して経由地のバンコクまで向かいます。ANAもタイ国際航空も2万円ほど高かったので。まあ運の善し悪しだと思いますが。JALのうれしい点はラウンジクーポンを利用すれば3人でもラウンジを利用することができる点ですね。やはりカードラウンジよりも航空会社ラウンジのほうが落ち着きます。

IMG_LPQ101
初の羽田SAKURAラウンジはサテライトに近いほうへ。オープン直後の時間ということもあり混雑していないかなと思っただけですが、正解でした。21時ごろではほとんど人がいないような状態だったので席も好きなところを選ぶことができます。

IMG_LPQ102
ラウンジに来たからにはやっぱりJALオリジナルカレーを食べないと。夕食食べてこなかったのでここで夕食そのほかにもメニューが充実しています。

IMG_LPQ103
こちらを選んだ理由はこういうのも。
眺めは最高です。ずらっと飛行機が並んでいる姿は素晴らしいですね。

IMG_LPQ104
それでは機内に乗り込みます。
今回はB777-200の古い機材。まだ2機だけ残っていました。このあとB787になり座席数が縮小されたりPY設定が無くなったりしてしまいました。更新が待ち遠しいです。
そしていつものクッション東京西川の「AiR」で座り心地を改善して出発です。

IMG_LPQ105
バンコクに到着しました。少し早めの到着です。
ここからバンコクエアウェイズでルアンパバーンへ向かうのでバンコクエアウェイズのラウンジへ。エコノミークラス利用者も利用できるのがバンコクエアウェイズの特徴です。
詳しくはバンコクエアウェイズラウンジ(国際線)-ブティックラウンジでも快適に過ごせます。をご覧ください。
今はDコンコースへに移っていますが。

IMG_LPQ106
ルアンパバーンまではこのATR72で向かいます。後ろから搭乗するんですよ。天気もいいです。搭乗記はまた別の機会で。

IMG_LPQ107
間もなくルアンパバーンへ到着します。
山間の村という感じですがラオスではかなり大きい都市になります。

IMG_LPQ108
ルアンパバーンへ到着しました。
すごくこじんまりとした空港でエプロンを勝手に歩いて入国に向かいます。もちろんジェット機ではボーディングブリッジ使えますけど。

IMG_LPQ109
ちなみに停止線のところが最大で737-900です。大型機をあまり想定していないようですね。

IMG_LPQ110
入国はすごく簡単です。日本人はビザなしで入国できるのですごく早いです。
その分手荷物はなかなか出てこないのでここでSIMを購入しとくといいと思います。5USドルからあります。少しだけでもドルもってると便利ですね。

IMG_LPQ111
タクシーで移動です。相乗りみたいな感じで60000キープだったかな。
市内まではそのくらいで行ってくれますが、人数がそろわないと動いてくれません。

ルアンパバーンの街を散策

タクシーにて移動してホテルに到着。少し早かったのですが部屋も用意されていて荷物を置いて街を散策します。今回はワット・シェントーンへ向かいます。

IMG_LPQ112
今日の宿泊先の「メコン・サンセット・ビュー・ホテル」となります。
ちょうどいいサイズのホテルと托鉢を見るための場所ということでここを選んでみました。ここはあるサイトで紹介されていました。
ルアンパバーンのメコンサンセットビューホテル宿泊記 | アジアトラベルノート
別の機会にホテルも紹介したいと思います。

あわせて読みたい
【宿泊記】メコンサンセットビューホテル-ルアンパバーンのメコン川沿いのホテル

今回はルアンパバーンのメコンサンセットビューホテル(Mekong Sunset View Hotel)をご紹介。托鉢の見学をメインに考えたので托鉢がおこなわれる通り沿いに近いところを考えた結果お値段も ...

続きを見る

IMG_LPQ113
ちょっと休憩したら街歩き。
本当に時間がゆっくりです。

IMG_LPQ114
メコン川の風景もすごくいい感じです。

IMG_LPQ115
ここルアンパバーンは車もそこそこありますがまだまだバイクが多いようです。種類もたくさん見かけました。

IMG_LPQ116
のどかな街の中を進んでいきます。

IMG_LPQ117
飲食店が路上にテーブルを出して営業しています。リタイヤした欧米の人も多くみかけました。

IMG_LPQ118
すごく緑の多い街に、緑の3輪。

IMG_LPQ119
水とお供え物なのか販売物なのかの野菜。そんなところもいい感じな街。

IMG_LPQ120
裏路地を見てみると洗濯物を干していたり、すごく静かな雰囲気です。

IMG_LPQ121
大きな傘の下で地元名物を販売しているおばちゃん。元気そう。

IMG_LPQ122
ワット・シェントーンまでやってきました。ゆっくり歩いて大体15分くらい。

IMG_LPQ123
中には大きい仏像もありましたし、大きな鐘も。鳴らしたらきれいな音がしそうです。

IMG_LPQ124
ワット・シェントーンの全景です。
メインの建物は右の大きな建物。左の建物も中を見ることはできました。
IMG_LPQ125
仏教国ではよく見かける結婚式前の事前写真を撮っていました。
結構な枚数撮っていたと思います。大変ですよね。暑いのにあの衣装ですから。

IMG_LPQ126
壁にはカラフルなタイルも。見る場所によって色が変わるのがすごく印象的でした。


まとめ

JALを利用してのラオスへの旅。まだまだ到着したばかりで街の雰囲気が少しだけわかってきたルアンパバーン。すごく時間がゆったりしていて旅をするのにはすごくいいところです。まだお寺を1カ所しか紹介していませんがそこまでの雰囲気もすごく良い街です。

あわせて読みたい
初ラオス、魅力的な街ルアンパバーンへ(その2)

ここ数年タイだとバンコク、マレーシアだとクアラルンプールが多かったのでそろそろ訪れていない国に行ってみようということでラオスやベトナムが候補に。年に1回一緒に旅をしている先輩がラオスに行きたいというこ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-JAL, 旅行記
-, , , , ,

© 2020 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5