旅行記

シンガポーリアンの聖地、クス島へ行ってみた

シンガポールは何回も訪れているとどうしても行ったことのある場所は偏ってしまうもの。定番の観光地や街歩きをしても確かにいつ来ても変わっているシンガポールだから楽しいかもしれませんが自然というものが少し少ないかな。

自然を楽しめる場所もシンガポールにはたくさんあるので、その中から日本人はなかなか訪れる機会が少ないクス島へ行ってみました。

実はこのクス島へ行くことはシンガポール政府観光局の方に教えていただきました。シンガポールで日本人が行かないようなところということで教えていただきました。



セントジョージ島・クス島への行きかた

まずクス島へ行くためにはフェリーで行くことまではわかりましたがどこからフェリーが出ているのかを探してみると、

kusumap01

マリーナベイクルーズセンターシンガポールから線が伸びているのでまずはここに行ってみることに。

kusuisland01
しかし、ここで問題発生です。

ここから運行されていないことがわかりました。そりゃそうですよね。ここはクルーズのセンターですから。クルーズセンターの職員に聞いてみるとここではなくマリーナサウスピアから出ているとのこと。それって、

kusumap02
通り過ぎたじゃないですか!

ってことで歩いてマリーナサウスピアまで向かいます。

kusuisland02
MRTノースサウスラインの駅もあるマリーナサウスピアはそこそこ大きなフェリーのターミナルでブースもそこそこあるので行先もそこそこあるのだと思いますが今回はセントジョージ島・クス島へ向かうフェリーに乗ります。

kusuisland03
簡単にブースを見つけることができました。
ここでチケットを購入します。

kusuisland04
チケットとタイムテーブルをもらえるのでそれで時刻を確認します。

こちらにタイムテーブルを載せておきますね。

セントジョージ島・クス島 フェリー時刻表

月曜日から金曜日

出発地

マリーナサウスピア

セントジョージ島

クス島

10:00

10:45

12:00

14:00

14:45

16:00

土曜日

出発地
マリーナサウスピア セントジョージ島 クス島
9:00 9:50 10:15
11:00 11:50 12:15
13:00 13:50 14:15
15:00 15:50 16:30

日曜日

出発地
マリーナサウスピア セントジョージ島 クス島
9:00 9:50 10:15
11:00 11:50 12:15
13:00 13:50 14:15
15:00 15:50 16:15
17:00 17:50 18:15

詳しくはSingapore Island Cruiseのページをご覧ください。
http://www.islandcruise.com.sg/

これを見るとわかる通り、三角運航になっています。
マリーナサウスピア→セントジョージ島→クス島→マリーナサウスピアという順番で運行されていてマリーナサウスピア→セントジョージ島が大体40分かからないくらい。セントジョージ島→クス島は15分程度。クス島→マリーナサウスピアは35分程度と非常に近い距離にあります。しかもかなりの人か乗れる(定員100以上)いつ行っても問題ないと思います。

船に乗り込みセントジョージ島・クス島へ向かいます

簡単なゲートを通って船に乗り込みます。チケットのチェックだけですね。戻ってくるときには手荷物検査みたいなものがあるみたいですが、行くときには特になりもありませんでした。

kusuisland05
ゲートを通って船に向かいます。

思っていたよりも大きい感じで沖縄の離島めぐりをする舟よりも大きい感じのものでした。よく見ると日本の中古船のようで製造元の表示などはそのまま残っていました。
kusuisland06
岐阜で作られたようです。

船内はベンチシートが1階と2階にあり70人以上が乗れる様子ですし、こちらは冷房も聞いているのでかなり涼しいです。外にもベンチシートがあるのでシンガポールの風を感じながら外の景色を楽しむことができます。どちらがいいかは人によると思いますが、私は行きは船内で帰りは船外という感じで船旅を楽しみました。
kusuisland07
船内船外もきれいです。ちゃんと清掃されています。

kusuisland08
ただ、窓はちょっと汚れていましたね。こればかりはしょうがないかな。

出発してまずはセントジョージ島へ向かいます。セントーサ島を横目に船は進んでいきます。コンテナ船も多いですが、まだこの辺りでは少ないですね。セントーサ島には新しいホテルなどもできてきているようなのでそれも見ることができます。

kusuisland09
約30分でセントジョージ島に到着しました。まあまあ大きな島のようで下船していく人は結構いますね。こちらのほうが観光には適しているのかもしれません。

kusuisland10
遠目にマリーナ地域を見ることができるのでそんなに離れているわけではありませんがショートトリップという感じはしますね。

kusuisland11
そしてセントジョージ島の滞在を終えた人たちも多く乗ってきます。始発便で行って2時間程度滞在することになりますからね。

kusuisland12
釣竿を持った人が多かったので釣りを楽しんできた人が多いのかもしれません。シンガポールで釣りを楽しめるところがあるなんて初めて知りました。

kusuisland13
時間になったので出発です。定刻通りなのでセントジョージ島には20分停泊していました。結構島に近いところを進んでいきます。

kusuisland14
コンテナ船やや高速船をまた見ることができます。

kusuisland15
セントジョージ島を出発して約15分。クス島へ到着になります。今回の航海はすごく短かったですね。しっかり船着き場も整備されています。2つあるってことはそのほかも船も使えるのかもしれませんね。

kusuisland16
マリーナサウスピアを出発して約1時間10分でクス島へ到着しました。本当に小さな島だというのはすぐにわかります。

クス島での過ごし方

クス島で何しようと悩んでも仕方ありません。なんせクス島はほとんど何もないといってもいいかもしれないところですから。あるのはお寺とトイレだけ。飲食を提供しているお店はないので舟に乗る前に必ず購入しておくことが大切ですね。あとは時間が解決してくれます。周りは海なので泳ぐことはもちろんできます。椅子もあればバーベキューをできるような屋根のある施設もあるのでそこで転がって読書をすることもできます。2件あるお寺を訪問するのもいいでしょう。それでも時間が余ってしまうクス島だと思います。

kusuisland17
港を出るとmapがあります。大きく見えますがかなり小さい島です。ここにはクス島の歴史も一緒に書いてあるのでぜひ熟読してください。それくらい時間ありますから。

kusuisland18
島の東側へ向かいます。まずは中国式寺院があります。門からしてもう中華という感じがすごくしますね。それでは進んでいきます。

kusuisland19
これもやはり風水に関係あるんでしょうね。8角形なのでちょっと珍しいなと思うのですが。

kusuisland20
寺院ではシンガポーリアンがの人が集まってなんだかお参りしていました。定期的にここまで来ているのかもしれませんね。
ここにはトイレもあるのでここで済ませるのもいいかもしれません。汚くはなかったです。

kusuisland21
この島ではかなり大きい施設です。

kusuisland22
フードセンターなる建物がありましたがそれは見かけだけで、何もありません。これから何か考えているのかもしれませんがここに出店してもちょっと厳しいかもしれませんしね。

kusuisland23
聖地へやってきました。さあ何がいるのかな。

kusuisland24
亀がたくさん。しかも干してました。

kusuisland25
ここは亀の形をした池に亀がたくさんいます。亀だらけです。クス島は亀の島ですね。

kusuisland26
とりあえず、島を1周します。遠くにはマリーナベイサンズも見ることができますね。向こうからは単なる島にしか見えないのだろうけど。

kusuisland27
わざわざ仲間でここまでやってきたのでしょう。10代と思われる男性たちがボール遊びなどをしていました。日本でもこんな感じなの夏だったら見かけますよね。

kusuisland28
やっと、山の上に登る階段がありました。右回りだったりすぐだったみたいですね。

kusuisland29
階段を上っていくとお寺があります。

kusuisland30
2つのお寺がある感じがしますね。どっちがっていうのはわかりませんが同じ感じがするのはまあ1か所でまとまった感じがしますね。こちらでもお参りをすることができます。

kusuisland31
自然たっぷりな階段を降りていきます。

kusuisland32
いちおう島の中にも公衆トイレがあります。安心はこれだけですね。

海岸沿いを歩きます

島の半分を回ったので後は海岸沿いを歩いていきたいと思います。海岸沿いは波も穏やかなので海水浴もできます。シンガポールで海水浴なんてあまりイメージできませんがちょっと離れればこんなアクティビティーもすることができます。

kusuisland33
泳ぐことができるのでもちろん救命用の浮き輪も用意されています。安全への配慮がシンガポールらしいかな。

kusuisland34
さっき撮らなかったので。亀とお寺のコラボレーション。

kusuisland35
バーベキューではありませんがピクニックを楽しんでいる家族もいました。

kusuisland36
もちろん海水浴を楽しんでいる家族も。ほとんどいませんでしたが...

kusuisland37
波もほとんどなくすごく穏やかな海岸なので海水浴も全然問題ないですね。

kusuisland38
港側では釣りを楽しんでいる親子もいました。南国のキラキラした魚が釣れるようでした。海岸線も歩き終わって船着き場に戻ってきました。船が来るまで40分もあるので写真でも選びながら待ちます。

2時間で十分楽しめるクス島観光

始めてやってきたクス島。ほとんど情報がない中で何して過ごそうと思えばなんだかゆっくり時間が流れているような場所でした。というのは何かこれといってあるわけではなく自然しかない本当に小さい島なので泳ぐのか釣りをするのかなどすることは限られますし神聖な島ということもありあまり派手なこともできないかもしれませんね。それでもシンガポールから少し離れて別の場所を感じるというのにはすごくいいところなのかもしれません。

kusuisland39
14:10ごろになり船もやってきたので乗り込みます。この時間でも多くの人が島へ訪れていました。セントジョージ島からの人もかなり乗っていました。

kusuisland40
大きい船も通過していきます。子供連れだったからもしかしたら楽しいかも。

kusuisland41
なんだかおもしろそうな船も見られる航海です。

そしてマリーナサウスピアへ戻ってきます。この航海もだいたい30分くらいです。



まとめ

シンガポールといえば、マリーナベイサンズやナイトサファリなど有名どころもありますが何回も来ているからこそ行ってほしいところだと思います。有名な観光地ではないかもしれませんが今までとは違うシンガポールそして観光地という点ではすごくいい体験ができるところなのかもしれません。注意が必要な点は平日はフェリーの数が少ないところかもしれませんね。行くのならやはり日曜日ですね。フェリーの本数も多いですし。在シンガポールの人にもこの地はかなりのおすすめです。

スポンサーリンク

-旅行記
-, , ,

© 2020 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5