ホテル情報

【宿泊記】ヒルトン沖縄瀬底リゾート(宿泊編)-目の前は海の静かなリゾートホテル

今回は2020年10月に開業した沖縄本島北部にある「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」をご紹介します。開業1年ということもありお得な料金が用意されていたのでお試しで宿泊してみました。お試しというわりにはかなり満喫をしてしまうほどリゾートホテルっていいなと思えるところでしたし、10月初旬であればまだまだプールで泳げるのだなと実感したところです。約2年間海外リゾートに行く機会やプールで泳ぐこともなかったのですごく楽しめる滞在になりました。

今回はホテル周辺に食事をとれるところがすくないので夕食もホテルでいただいた関係で宿泊偏とレストラン編の2編に分けてお伝えしたいと思います。

ゲストルーム オーシャンビュー(キングベッド)

今回予約をツインルームでしていったのですが、ちょうどベッド一つのキングルームが空いていたのでそちらになりました。キングベットはすごく広くてなかなか落ち着かないのですが、久しぶりにぐっすりすることができました。

全室が海側を向いており山側というより海と反対側という部屋設定はありません。オーシャンビューというよりもオーシャンフロントという呼び方が妥当なくらい正面に海が広がっています。もちろん高層階の方が眺めがよいのですが、3階でもあまり変わらないくらいだと思います。

デラックスルームとの違いはコーヒーマシンがあるくらいだと思います。ですからゲストルームだとしても高層階ということがあるかもしれません。一応デラックスルームは7Fと8Fとのことです。

また、新型コロナウィルス感染症対策もしっかりしており、「ヒルトン・クリーンステイ」に基づいて対策をされています。


ヒルトン・クリーンステイに基づいて部屋の清掃が終わりチェック済みだとこのように入室していないことを示すシールが貼られるようです。


そのシールをはがして部屋に入ると奥に見える青い海がすごくきれいに見えました。


そして部屋はこのような感じです。キングベットなのですごく大きい!!そして室内だけでなくベランダにも椅子が用意されているのが素晴らしいですね。ここから夕陽も望むことができますし、暑ささえなければすごく気持ちいいと思います。


ベットサイドには部屋の照明スイッチとコンセント・USBが用意されています。最近はUSB多いですね。これが両サイドに用意されています。


室内の椅子にはクッションも用意されてゆったりと座ることができるようになっています。


大きなテレビは50インチのもの。しかも少しだけ引き出せて角度も自由に変えられるタイプ。これはどこからでも見えるのでうれしいですね。HDMI端子も使いやすいです。


テレビの下には電話と時計、ティッシュと用意されています。電話の後ろにはコンセントが用意されています。有線LANはありませんでした。


冷蔵庫周辺にはミニバーが用意されていることが高級ホテルだと多いのですが、こちらにはなく冷蔵庫もからの状態でした。こういうところは好感を持てますね。無料のティーパックやコーヒーが用意されていました。グラスもワイングラスもありましたし、ポットも電気ポットがあります。


クローゼットは扉がないタイプで荷物が置けるようにもなっています。丈の短いのはこちらにかけてもいいですね。下にはルームウェアが用意されていました。


と思ったら隣の扉を開けるとハンガーがあったのでこちらには丈の長いものをかければいいですね。スリッパはこちらにありましたし、アイロンとアイロン台があるのはこのようなホテルならではだと思います。

バスルーム

バスルームは洗面所やトイレとも別れているのですごく使いやすいと思います。トイレも最新式ですし、洗面台も広々としています。もちろんバスルームも洗い場もあり広々としていて使いやすいですし、部屋とは窓ガラス1枚なので明り取りにもなります。バスルーム側からブラインドを閉めることができるのでその点も安心だと思います。


広々とした洗面所はすごく使いやすい。そしてトイレも広々としていますし、最新のウォシュレット完備です。


タオルも大きいものが用意されていますし、広々洗面台はすごくいいですよね。


アメニティもきれいに並べられており、すべて箱に入っているのが高級感を感じます。バスルームにはミニボトルのバスジェル、シャンプー、コンディショナーと用意されています。


そしてバスルームは洗い場もありすごく広々といています。このように部屋からも中の様子がわかるようになっているのがリゾートホテルに来た感じがします。混合栓なので温度調節も自由自在。水圧も問題ありません。


外からの明かりもバスルームに入ってくるので日中であればすごく明るいと思います。


このようにバスルーム側からブラインドを閉めることができるので安心して利用することができます。

ベランダからの眺め

3階以上の部屋には全室にベランダがついており、全室オーシャンビューというだけあって海を前にした景色はすごくきれいです。

西側に向いているためサンセットを眺めることも出来ます。


先ほどの一部ご覧いただけていると思いますが、ベランダにはイスとテーブルが用意されています。


晴れているとすごく気持ちのいい!!海とプールと。

テラスのお部屋はこんな感じになっているのですね。


プールから伊計島まで。この景色は素晴らしいですよね。夏に来たらすごく気持ちがいいのだろうな


夕焼けもすごくきれいに。西側に向いているからこそこのサンセットを見ることができますからね。


この日の夜プルーは20時まで。暗くても照明である程度は見えます。きれいな時間帯ですよね。


手前には瀬底ビーチ、奥には伊計島が見えます。船舶も近くを航行するみたいです。

屋外プールもあれば瀬底ビーチも目の前

ベランダからも見えたと思いますが、リゾートホテルなのでプールが目の前にあるのと瀬底ビーチまでホテルとつながっているという点が一番うれしいところかと思います。しかもホテル施設は目の前も広くとられており散歩するのにも十分は広さがあります。緑も多いですし、遠くを見ると青い海。リゾートホテルですね。

ホテル前庭

すごく整った前庭で海の見える場所に椅子が置かれていたり、川が用意されていたりとすごく雰囲気はいいと思います。


広大な敷地に建っており、緑も多く感じました。


川に橋。水辺にこのような空間があるのは施設のうまい使い方だと思います。


このように海を眺められるベンチも用意されています。ウェディングフォトなどにも使えるすごく雰囲気がいいものだと思います。

瀬底ビーチ


屋外レストランの通路には瀬底ビーチへ行くための通路にもなっています。戻ってくる際に品を落とすためのシャワーも併設されているのが良いですね。そのままプールへだとプールに砂が貯まってしまいますから。


その瀬底ビーチは遠浅の海岸ですごく透明度もありきれいです。ヒルトン専用のエリアも設定されているようでした。もちろん公共のビーチなのでたくさんの方が来場されると思います。

屋外プール

屋外プールも広々としているのでゆったりと楽しむことができると思います。平均1.2mほどのプールと子供向けプールが柵で区切られているのでお子様も安心して楽しむことができます。


手前が浅いところと奥が深いところ。柵で区切られているので安心して泳ぐことができます。


午後になると日が入ってくるので外にいるのは暑いくらい。水の中に入ればちょうどよいと思います。


午前中は建物に太陽が隠れてしまう時間帯なのか真夏だったらいいかもしれませんが10月に入ると水は冷たく感じるかもしれません。一応10月末まで屋外プールは営業しているようです。


浮き輪やゴーグル、海での砂遊びセットなどの販売も1階のレストランでやっていますし、子供用のライフジャケットの無料貸し出しや空気入れの貸し出しもしているので忘れてしまっても安心です。

館内施設

リゾートホテルなので館内施設に関してもかなり充実しています。エステはもちろん、フィットネスセンターにコインランドリーもありますし、シェアサイクルも用意されています。これらは一度外へ出ないと行くことができませんが、ホテル棟の施設を存分に使った策なのだと思います。


それぞれの施設に行くためには1階にある出入り口から別棟に行くことになります。雨の時は大変ですが、傘も用意されていました。


手前からエステ、フィットネス、コインランドリーと棟が分かれています。エステ棟が一番近くにありましたがさすがに施術を受けないのでこの先はわかりませんでした。


その奥にはフィットネスセンターがあります。こちらもルームキーでの解錠になります。


別棟に作ってあるので中のスペースも広々としています。しっかりトレーニングできるくらいです。


ランニングマシンも多くありますし、マットエリアも広々。


しっかりロッカーも用意されているので着替えなどの場所も気にしなくて済みます。もちろんタオルも用意されていますし、飲料水もあるので余計なものもあまり必要なくフィットネスセンターを利用することができます。


最後にコインランドリーがあります。こちらも専用のお部屋という感じです。


片面にはドラム式洗濯乾燥機が5台これはある意味圧巻です。


そして向かい側に2台の計7台用意されています。これだけ用意されているのはあまり見かけません。そしてしっかり両替機も用意されているので100円玉が足りなくフロントまで行かないといけないという心配がなくなります。


洗剤自動投入式なので別途購入しなくて済みますし、お値段も洗濯乾燥含めて600円というのは普通なのかと思います。全自動でスタートして130分後に戻ってくれば出来ているのが手軽ですね。


そして戻るときに見つけたのがシェアサイクルになります。性悪には扉を出てすぐのところに用意されていたのですが、最初は気づきませんでした。
CYCY(サイサイ)OKINAWAのシェアサイクルでアプリなどから簡単に予約ができます。この方式ならホテルも場所だけ提供すればいいので今後多くなるかもしれませんね。

フロント・ロビー周り

フロント・ロビーはホテルの顔というだけあってこちらはかなり充実していると思います。入ってすぐに海が見渡せる広々としたスペースもありますし、売店にバーもあります。奥には宴会場もあり婚礼もここですることができます。


フロントデスクは3か所。スタッフの数も多いのでそんなに待つことなく手続きをすることができますし、その後ろにはソファーも多く並んでいるのでゆったりと待つことができます、


入口には階数案内の表示やイベントのインフォメーションもありました。サンライズ・サンセットヨガを日本国内でやっているのは珍しいのかな?海外では1回体験したことがありましたが無料だったのでここでは有料なのがちょっと残念かな。


売店も大きくはあませんが一通りそろっているようでした。海やプールに関するものは1階のレストランと分かれているのでその分スペースは少なくて済むようです。


海が見えるバーもすごくおしゃれですし、その奥にはイタリアンレストランがありました。この時は営業をしていませんでしたが、夜の営業はすごくおしゃれになることでしょう。


奥には宴会場もあります。結婚式などがここで執り行われると思うのですがすごくいい環境だと思います。


それはこの景色。扉の向こう側には一面の海。遠くには伊計島まで見渡せるこの場所は思い出に残ることでしょう。

ヒルトン・グランド・バケーションズ

2021年10月にオープンするザ・ビーチリゾート瀬底 by ヒルトンクラブのプロモーションを兼ねたお部屋も用意されています。ザ・ビーチリゾート瀬底 by ヒルトンクラブは、ヒルトン・グランド・バケーションズが所有する国内で2軒目のタイムシェア・リゾートでヒルトン沖縄瀬底リゾートのさらに奥に建っており、タイムシェア向けの宿泊施設なのでキッチン付のお部屋も用意されています。


フロント横のこちらのお部屋でプロモーションを行っていました。アンケートに答えると何かしらのプレゼントもあるようです。


その「ザ・ビーチリゾート瀬底 by ヒルトンクラブ」奥に建っております。もちろんこちらにもプールがついていますし、キッチン付きのお部屋は使い勝手はいいと思います。

向こうに宿泊されている方がこちらの屋外プールやレストランも利用することができるようです。

アクセス

那覇空港から高速を利用して大体90分ぐらいで到着しました。名護市内の渋滞もバイパスの開通でかなり解消しているようで楽々だと思います。

島内には大きいスーパーは無いようですが、瀬底島へ渡る前付近にスーパーがあるので買い物の心配もないと思います。

1点だけ守ってもらいたいところは、あくまでも島民の生活が最優先だということです。狭い道や生活道路に入らないようにしてください。ホテルがあるから平穏な生活が阻害されたとなるわけにはいかないと思います。

 

予約サイト

ヒルトンオーナーズの方は公式サイトが一番おすすめですが、宿泊サイトからの予約も可能です。(ポイントはたまりませんが...)

公式サイト-ヒルトン沖縄瀬底リゾート

楽天トラベル

じゃらん

るるぶトラベル

Yahooトラベル

JTB国内宿泊

ツアーにしてしまって安く泊まるのもありかもしれません。

ANAで行く沖縄はスカイツアーズ

まとめ

今回は宿泊施設としてのヒルトン沖縄瀬底リゾートをご紹介したが、開業して1年とまだまだ新規オープンという感じも残していたし、オペレーションはしっかりしていたので楽しく宿泊することができました。那覇市内から遠いことを考えると頻繁に利用することは少ないかもしれませんが、夏の一番いい時期にまた利用して楽しみたいと思える施設です。

スポンサーリンク

-ホテル情報
-, , , , ,

© 2021 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5