JAL

2019年春版 JALビジネスクラス(X)、期間限定発売。FLY ON ポイントを検証します

JALの春夏限定ビジネスクラススペシャルセーバーX-22(X)が発売になります。
対象目的地はクアラルンプールとジャカルタになります。



JALに乗るなら絶対に持つべきカードだと思います!

発売は3月15日まで

発売期間は2019年2月15日から3月16日まで

設定期間は2019年4月1日から7月31日日本出発分
(ただし日本発は設定除外日あり)

運賃や規則はこちらをご覧ください。

20190215xpromo1JALホームページより

発券は予約完了後7日以内。ただし、最初の国際線搭乗日の35日前までに航空券の購入が必要。
最低滞在日数は2日間。
有効期間は14日。
予約変更は不可。
払い戻しは不可。

結構厳しい感じで規則が作られています。

ただ2017年に発売したときはGWだ限定だったのでそれに比べればまだまだいいのかなとも思います。



FLY ON ポイントを計算してみます

そこで気になるのはFLYONポイントだと思います。

今回はJGC修行で人気のクアラルンプール線を例にとって紹介します。

運賃 チケット代 往復FOP FOP単価
東京-クアラルンプール 113,000 136,230 13,318 10.23

(2019年2月26日現在)

125%のXクラスなのでかなり数字は稼げると思います。

国内線を組み合わせるようだったらクラスJを予約することも可能!!

これでだいぶ稼げるのではないでしょうか。

もちろん大阪・名古屋は運賃が同額ですし、札幌、福岡、沖縄発は10,000円追加で利用することも可能です。

東京発の単価が10を切れないのは少し残念ですが、そのほかだったら10を切れるのではないでしょうか。

空席に関しては一番低いクラスなので空席が厳しい日もあると思います。

一番残念なのは燃油サーチャージが下がる4月1日には購入できないことですかね。

今回は結構緩いかもしれません

今回は4月から7月までとかなり広い範囲で設定されているので利用する価値は結構あるかもしれません。ゴールデンウィークが10連休と長いので別の日程で利用することが大前提ですがこれだけの期間設定されていればどこかでは利用できると思います。

先得も発売されてしまっている現状ですがうまく使えば東京-那覇-東京ークアラルンプール-東京-那覇-東京なんていう修行ルートを実現することも可能ではないでしょうか。



もちろん筆者もこの路線のビジネスクラスは利用済み。

JL723便搭乗記 SS9Ⅱ・SKY SUITE Ⅲを利用して今回は楽しんだ。

クアラルンプール・シンガポール、空の旅は全区間ビジネスクラスで 日本からクアラルンプール経由シンガポールまで

ホテルは安い宿ならブギビンタン近くの「Holiday Inn Express Kuala Lumpur City Centre」がおすすめです。

ホリデイイン・エクスプレス・クアラルンプール シティーセンター 割安で泊まれるIHG系ホテル

スポンサーリンク

-JAL
-, ,

© 2020 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5