ホテル情報

【宿泊記】ピースアイランド宮古島市役所通り-宮古島のビジネスからレジャーまで多目的なホテル

今回は宮古島のビジネス系ホテル「ピースアイランド宮古島市役所通り」をご紹介します。リゾートホテルが多いと思われがちの宮古島ですがビジネスマンが利用しやすい価格帯のホテルもあります。その中でも沖縄に多く展開しているピースアイランド系はおすすめできると思います。その理由は一人でも利用できるのとダイビングをされる方にも優しい設備があるということです。あと、繁華街周辺にあるので食事なども困らないということだと思います。

部屋の設備は大手チェーン系ホテルと比べると見劣りしますが、室内に洗濯機が用意されているので洗い物が多い方などでも重宝すると思います。そして大浴場も設置されているのでゆったりのんびり湯に使ってということも可能です。

ダブルルーム

今回はシングルルームではなくダブルルームに泊まりました。JTBのプランで一番安く出ていたのがこの部屋でシングルは売り切れとなっていました。

部屋の広さはダブルルームとシングルルーム同じくらいでそのほかは同じようなのでベッドが違うのが部屋の違いになるようです。そして一番珍しいのはビジネスホテルですが全室に洗濯乾燥機がついていることです。「東急ステイ沖縄那覇」でも紹介はしましたが、こちらは用途が違いダイビングや海水浴など海のレジャーが多いのでその選択に使われることが多いようです。砂についての注意事項があるくらいでした。

扉を開けて入ってみる左側に洗濯機、通路にコートフックがありました。鍵はコネクタタイプのためちょっとめんどくさいですね。

今回はダブルルーム。十分な大きさだと思います。大手チェーンホテルにはない感じがいいですね。

昔のタイプなのでベットボード側にはコンセントや時計などはありませんでした。

机はちょっと昔の狭いタイプになります。パソコンとかを広げるには奥行きがもう少し欲しいですよね。テレビも小さいです。机の中にドライヤーがしまってあります。

テレビの裏側にコンセントが用意されておりこちらにエレコムのホテルWi-Fiが設置されていました。これは2.4GHz帯しか対応していないので少し混雑するときもありました。

また、夜間帯は周辺のインターネットが混雑していたこともありかなり遅くなったのが改善する余地があるのだと思います。

冷蔵庫も珍しく中型タイプで冷蔵室と冷凍室が分かれているタイプになります。しかも各部屋に電子レンジがついている!!やはりダイビングなどで利用を考えられているホテルなのですね。

コートフックが用意されていますが、ちょっと少ないかな。

それはこいつのおかげだと思います。通常はクローゼットのエリアに自動乾燥機能付き洗濯機があります。長期利用やマリンレジャーも盛んな宮古島ならではだと思います。洗剤はないので自身で購入してくる必要があります。

バスルーム

バスルームは狭いですがボディーソープなどが少しいいやつなのでそこで補っていると思います。給湯器が各部屋タイプなのかバスルームの外に給湯器の電源が用意されているのが新鮮でした。

ダブルルームなので狭いタイプのユニットバスになります。1点通常と違うのが各部屋での給湯器設定になっているようで、給湯器のスイッチが用意されています。

大浴場もあるので利用する機会も少ないと思いますが、ユニットバスは狭いタイプになります。混合栓ではないので調整が難しいかもしれませんが、給湯温度が決まっているのでもしかしたら簡単だったりして。

ソープ類はPOLA製が用意されています。その辺は少しだけ高級感があると思います。

ダブルルームなので2つずつ用意されているアメニティは歯ブラシ、ヘアブラシ、カミソリ、ボディータオルになります。ちょっと種類が少ないかな。

 

施設案内

今回大浴場は撮影できないということもあり用意していませんが公式ホームページを見ていただければ雰囲気はわかると思います。そんなに広くもなく温泉ではないです。ただそこからの景色は高いビルも少ないのですごくよいと思います。

そのほかではダイビングをされる方向けに機材などを保管できるダイバーズロッカーが用意されていることや客室内の洗濯機だと乾燥に時間がかかるためガス式の無料乾燥機が2台設置されています。両方とも砂が多いので注意が必要ですが、素早く衣類乾燥することができます。

建物の案内図になります。

大浴場は最上階の10階にあります。多目的室が使われていなかったので実質大浴場の階ですね。そのほかでいえば5階にガス式の乾燥機コーナーが用意されており、3階にはダイバーズロッカーというスキューバダイビングの機材やウェットスーツを置いておけるロッカーが用意されているのがほかのホテルとの違う点になると思います。

3階ダイバーズロッカーのあるフロアの案内図です。315の隣に出入口があり、屋外にダイバーズロッカーと洗い場が用意されています。

部屋によって大きさがすごくまちまちなのが特徴だと思います。308や312がシングルやダブルの部屋サイズ、302や304などがツインの部屋サイズになると思います。

エレベーター内にあった案内ですが、朝食が¥1,000になる案内などがありました。時間の都合でこちらは利用しなかったのですが、割引があるのはうれしいですね。また散歩用にノルディックポールを貸し出しているのは面白いなと思います。

フロントはいたってシンプルなタイプです。特に待たされることもなかったですし、鍵の受け渡しもスムーズでした。

ロビーにはソファーが用意されていますし、奥には祝は右脚が置いていったであろう書籍が無料で貸し出せるようになっていました。その奥に朝食や夜には居酒屋営業をするレストランがあります。この時は緊急事態宣言ということもあり休業でした。

自動販売機もフロント後ろに用意されています。お酒の販売機はなくフロントでの購入になるようです。ちなみにファミリーマートまでも3分程度の距離なので問題ないと思います。

アクセス

宮古空港からだと車で20分程度になります。宮古島繁華街の中心部です。宮古島市役所通りとなっていますが、市役所が移転してしまっているので旧市役所となり注意が必要です。

駐車場代は1泊あたり500円になります。1階が第1駐車場で少し離れたところに第2駐車場があります。

ファミリーマートまで徒歩3分ですし、飲食店も多い地域になります。以前案内した「キャプテンメリアン」まで5分あれば行くことができました。しかし今回は残念ながらお休みでした。

あわせて読みたい

8月末はJGC修行も兼ねて沖縄県宮古島市に滞在していました。 夕食はやはりローカルなものや名物を食べたいなと思ってフリーペーパーや口コミサイトを探してみた結果、宮古牛が食べられるお店ということで「キャ ...

続きを見る

予約サイト

予約サイトは公式サイトもありますが、ほかでも割引があったりするので探すといいかもしれません。

公式サイト

楽天トラベル

じゃらん

るるぶトラベル

Yahooトラベル

JTB宿泊プラン

まとめ

リゾート地宮古島で安いホテルを探そうとすると設備の心配がということもあると思いますが、ここに関してはその問題はないと思います。部屋の設備もしっかりしているし長期滞在向けの洗濯機や乾燥機、大浴場での足を延ばしてなども可能なので十分リラックスした時間を過ごせるかと思います。1点だけ難があるとすればインターネットが夜間遅くなることぐらいかなと思います。

これは近くの喫茶店で頼んだステーキの夕食です。

スポンサーリンク

-ホテル情報
-, , ,

© 2021 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5