ホテル情報

【宿泊記】チャウエンリージェント・ビーチ・リゾートは高級ホテルに負けないくらいのホテルでした。-サムイ島

今回はサムイ島で滞在するにあたり結構調べた結果このチャウエンリージェント・ビーチ・リゾートになりました。サムイ島も格安ホテル(ゲストハウスなど)から高級ホテル(外資系高級ブランド)があり場所によっても違うのですが、初めてのサムイ島なのでチャウエンビーチが一番の繁華街ということもありお勧めいただいて「チャウエンリージェント・ビーチ・リゾート」に決めました。



南国ホテルのチェックインはやっぱりおしぼり必須です

ホテルの到着は16時ごろ。この時間はまだまだ日が高く外は暑かったです。チェックインはオープンロビーのフロントで行われるのですがソファーもありくつろぎながらのチェックイン。その段階でウェルカムドリンク冷たーいおしぼりが出てくるので汗もすっと引きます。書類にサインをして案内を聞いたらお部屋へご案内。敷地も少し複雑になっているのでスタッフに誘導されながら部屋へと向かいます。
IMG_USMCRBR01 IMG_USMCRBR02



デラックスルーム

今回案内されたお部屋はデラックスルームでカテゴリーとしては一般的なものになるようです。昔ながらのタイ様式の部屋でベットもキングサイズベットがあり他にはソファーもあるなどリゾート気分を高めてくれる部屋です。またベランダも用意されていて外でゆっくり過ごすこともできれば物干しもあるので服を洗って干したり水着を干したりもできます。
IMG_USMCRBR03 IMG_USMCRBR04

室内設備

ソファー
IMG_USMCRBR05
ソファーは寝っ転がれるくらいのソファーです。ここでマッサージなんかしてもらったら最高ですね。
ベットサイド
IMG_USMCRBR06
ベットサイドには新しくコンセントが新設されているようです多。携帯の充電には重要ですね。照明のスイッチコンソールがあります。
テレビ
IMG_USMCRBR07
液晶の32インチ程度のものになります。大きさとしては申し分ないと思います。NHKワールドは見ることができました。
DVD
IMG_USMCRBR08
テレビの下にはDVDが用意されています。その下にはスナックなどのミニバーがあります。ポットもありますしインスタントコーヒーやミロは無料で頂くことができます。
冷蔵庫
IMG_USMCRBR09
冷蔵庫内にはミニバーのビールやワイン、水があります。こちらの水は有料になるので注意が必要です。
デスク
IMG_USMCRBR10
かなり大きいデスクがあるので小物を置くのには十分だと思います。リゾートですから作業をすることはないとは思いますが・・・

クローゼット
IMG_USMCRBR11 IMG_USMCRBR12
クローゼットもかなり大きくとられていますしハンガーも多く用意されています。サンダルはホテル内ならどこにでも行けるような感じなもので利便性は高いと思います。ビーチリゾートらしく傘も用意されています。かわいいカバンも用意されていたのでプールへ行く際も便利です。
IMG_USMCRBR13

バスルーム

IMG_USMCRBR14
部屋はリノベーションもされていてすごくいいのですがバスルームが少し残念でした。かなり昔のタイプでシャワーカーテン等は新しくなっていたのですが、なにぶんバスタブまでかなり足を上げないといけないのがつらいですね。シャワーも古いタイプなので新しくしたら変わると思います。
バスアメニティー
IMG_USMCRBR15
バスアメニティーはシャンプーとリンスしかありませんでした。この点は改善してほしいもんですね。リゾートホテルですし。
トイレ・洗面台
IMG_USMCRBR16
トイレは一般的な洋式タイプでハンドシャワーがついていました。ドライヤーも備え付けであります。
無料ウォーター
IMG_USMCRBR17
無料の水は2本用意されています。瓶での用意なので持ち歩くのはできないと思うので近くで買うしかないですね。
アメニティー
IMG_USMCRBR18
くしや髭剃りは用意されています。
全般的にアメニティーなどバスルーム関連は弱いように感じました。

Wi-Fi対応

Wi-Fiは無料です。パスワードの紙を渡されるのでそれを入力するだけで簡単です。

そのほかの部屋

プールアクセスルーム

IMG_USMCRBR19
そのほかの部屋ではプールにアクセスできる部屋もあったりヴィラタイプの部屋もあったりと好きな部屋タイプを選べるのがリゾートホテルのいいところですね。

館内施設

リゾートホテルなのでプールはもちろんスパルームもそろえています。そのほかにもレストランやバーも雰囲気がいいです。

レストラン

IMG_USMCRBR20
レストランはビーチに面しており、朝食会場にもなるのはもちろん夕食もここで食べることができます。朝食はブッフェになっており種類も多いので長期滞在になっても飽きることなくおいしくお頂くことができるでしょう。
IMG_USMCRBR21
サラダも種類も多いですしドレッシングも数種類用意されています。コールドミールも十分冷やされています。
IMG_USMCRBR22
洋風料理も数多く用意されています。
IMG_USMCRBR23
クレープがあるのは珍しかったです。
IMG_USMCRBR24 IMG_USMCRBR25
パンも数多く用意されていましたし、ジャムの種類も豊富。これだけあればいろいろなトッピングを楽しみたいですね。
IMG_USMCRBR26
もちろん卵料理はステーションがあるのでここでお願いすれば焼いてくれます。
IMG_USMCRBR27

タイらしい感じ
で虫から守ってくれています。こんな気配りもうれしいですね。
IMG_USMCRBR28 IMG_USMCRBR29
ドリンクも種類が豊富ですし、翌日には違う種類も出ていたので好感が持てます。コーヒーマシンもたくさんの種類を出すことができるタイプ。エスプレッソも。
IMG_USMCRBR33
海へ行っている人をレストランで待つこともできるのがいいですね。

プール

IMG_USMCRBR30 IMG_USMCRBR31

プールは2カ所
用意されておりビーチに近いプールとプールアクセスルームがあるプールです。
IMG_USMCRBR32
広さでいえばプールアクセスルームがある方が広いと思います。こちらにはプールバーもあるので大人のプールという感じがします。
IMG_USMCRBR39
プールバーの営業時間は短いようなので夜にということはできませんがリゾート気分を高めてくれるところだと思います。
ビーチ沿いのプールではジャグジーもありますし水深が浅い子供用プールも用意されているので大衆向けプールです。
IMG_USMCRBR34
こちらにビーチステーションがあるので部屋番号と必要なタオル数を伝えるとタオルを貸していただけます。時間がプール利用可能時間より短かったのが印象的ですが、その時間以外でもスタッフに言えば用意してくれると思います。
IMG_USMCRBR35

ビーチ

もちろんビーチリゾートですからその点もしっかり。目の前がかなり広くビーチとなっているのでゆったりとすることができます。
IMG_USMCRBR36
東側に面しているので夕日は難しいですが、日が沈んできてからは暑さもそんなに感じないのでデッキチェアで寝っ転がりながら思いをはせるのにもいいかもしれません。
IMG_USMCRBR37
泳ぐことはもちろんできますしチャウエンビーチを散歩するのにもいいかもしれんせん。このほかにも今回は利用していませんが、スパルームも完備していますし図書室のようなスペース、キッズルームと親子で訪れても十分楽しめる施設になっています。

周辺施設と地図

周辺施設

ホテル向かいにはナイトマーケットのおようなお店がたくさん集まったところもありますし、ホテルから右へ徒歩2分ほどでファミリーマート、左へ徒歩2分でセブンイレブンとコンビニも2件あります。移動にはバイクが便利と思う方はホテルを出て右へ5分程度、交差点付近にレンタルバイク屋があり1日150Bからでバイクを借りることができます。チャウエンの繁華街は徒歩だと10分程度バイクだと2分程度でレストランやバービア郡のある地域につきますしセントラルワールドも近くにあります。ただしこの通りが一方通行なので一度出発すると戻ってくるのにかなり時間がかかるのが難点でした。

地図

グーグル地図

チャウエン地区の東側なので空港からは近いです。

送迎

空港からホテルまで、ホテルから空港まで送迎してもらうことも可能です。
空港からホテルが一人200Bで、ホテルから空港からが300Bでした。空港でタクシーや乗り合いバンを使うこともできますが金額はあまり変わらないので送迎を頼むことをお勧めします。簡単な英語(予約番号、到着日、到着便、人数)で直接ホテルにメールを送ると答えてくれます。

宿泊料金と予約先

今回泊まったデラックスルームで大体4,400B程度です。部屋の内容を上げると少し上がりますが初めてだったらデラックスルームでも十分満足できると思います。
また、朝食付きに関しては過ごし方次第だと思います。朝が遅くなってしまう方はなくてもいいのかなと思います。
チャウエンリージェント・ビーチ・リゾートの予約は公式サイトまたは下記予約サイトからがおすすめです。

予約はこちらから

公式サイト
アゴダ
booking.com

じゃらん海外ホテル

まとめ


初めてのサムイ島
滞在でしたがかなり快適に過ごすことができました。デラックスルームも浴室さえ改善されるとかなり良いホテルとなるのでしょうが価格高騰が心配です。
プールも広々としていますし、プールバーがあるのが数人で訪れてワイワイやるのにはいいところかもしれません。繁華街にも比較的近いところですし、みんなが知っている古くからあるホテルという感じでした。またスタッフもすごくフレンドリーでまた来たいと思わせてくれるホテルです。
IMG_USMCRBR38
おまけ。離陸コースになっているようで飛行機が通過していきますがあまり音は気にならなかったです。

あわせて読みたい
熱いぞサムイ島!観光するならここへ行け(その1)-絶景ありの大自然アリ

せっかく訪れたサムイ島。ビーチリゾートだからってホテルでグダグダしてるわけにはいきません。狭いように見えて広いサムイ島を1周してもいいですがそんなことしなくても絶景や大自然を味わえるので今回はそちらを ...

続きを見る

あわせて読みたい
熱いぞサムイ島!観光するならここへ行け(その2)-大きいブッタも小さいブッタもそこにあり

ビーチリゾートだけではないサムイ島、夕方から少しだけ涼しくなってきたのでまたまたお出かけしちゃいます。今回は到着する前に飛行機から見えたビックブッタとその周辺を散策しに行きたいと思います。 Wat B ...

続きを見る

あわせて読みたい
熱いぞサムイ島!観光するならここへ行け(その3)-航空旅行2017年冬号に乗っているサムイ島撮影スポットに行ってみた!

雑誌、航空旅行2017年冬号(2017年1月発売)に掲載されていた「世界の空港撮りある記」でチャーリー古庄さんが紹介していたサムイ島撮影スポットに行ってみましたのでご紹介したいと思います。今回は掲載さ ...

続きを見る

スポンサーリンク

-ホテル情報
-, , , , ,

© 2020 フューチャートラベラー Powered by AFFINGER5